公立保育士になろう。

全国の公立保育士・公立幼稚園の採用試験情報。公務員の保育士職・幼稚園教諭職になりたい人のための情報が満載。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

公立保育士試験のパターン

こんにちは。
クイックの河野です。
前回、公立保育士の採用試験には、専門・教養教養のみ専門のみの3パターンがあるというお話をしました。
今回は、具体的に自治体によってどのようなパターンになっているのかを見てみましょう。

1 教養・専門両方
目黒区、墨田区、足立区、文京区、豊島区、千葉市、市川市、市原市、君津市、浦安市、横浜市、川崎市、厚木市、大和市、座間市、南足柄市など多数。

2 教養のみ
杉並区、越谷市、草加市、朝霞市、春日部市、茅ヶ崎市、鎌倉市、綾瀬市など。

3 専門のみ
東村山市、さいたま市、相模原市など。

これでお分かりのように、教養・専門両方あるパターンが多いですね。結論的には、両方勉強しなければならないということになります。
なお、試験のパターンは年度によって変更がありうるので、かならずご自身が目指す自治体に問い合わせてください。
公立保育士試験の勉強法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

公立保育士になるには

こんにちは。
クイックの河野です。
大分寒くなりましたね。いかがおすごしでしょうか?

さて、今回は試験の形式について説明しましょう。

各自治体毎に、試験の形式はまちまちです。
一次試験では、多くの自治体で、「教養試験」と「専門試験」と両方が課せられます。しかし、自治体によっては、「教養試験」のみといったところもあります。また、まれですが、「専門試験」のみといったところもあります。具体的にどの自治体がどういった試験を行っているかについては、個別に調べる必要があります。
「専門試験(あるいは教養試験)がないからラクそう」という理由で受験地を決めてしまうと、同じような考えを持った他の受験生とのバッティングで、予想以上の高競争率になる可能性があります。
そのためには、どんな科目の試験を課せられてもよいように、専門・教養とも、試験日までしっかり勉強するようにしましょう。

次回は、さらに試験の詳しい内容を説明します。
それでは、また。
公立保育士試験の勉強法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

公立保育士になるには

みなさん、こんにちは。
クイック講師の河野です。

市町村単位(東京23区では、区毎)で、保育士を募集しています。

これに、応募し、採用試験に通れば、晴れて
保育士になることができます。

公立保育士は、市町村の公務員ということなります。
公務員ということで、条件面で恵まれていますので、みなさんも是非、将来の選択肢として、公立保育士を考えてみてください。

当然のことながら、試験に通らなければなりません。
採用試験については、次回以降くわしく説明します。

では、また。
公立保育士試験の勉強法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

はじめまして

皆さんこんにちは。
クイック講師の河野です。
「公立保育士になりたい!でも、試験の内容がよく分からない。」とか、「公立保育士の勉強方法は?」とかいろいろと思っている方が多いと思います。
そこで、全20回にわたり、
・公立保育士とは何か
・試験の内容
・勉強法
といったことを連載したいと思います。
ご期待ください。
では、また、お会いしましょう。
公立保育士試験の勉強法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
<<back|<108109110111112113
検索