公立保育士になろう。

全国の公立保育士・公立幼稚園の採用試験情報。公務員の保育士職・幼稚園教諭職になりたい人のための情報が満載。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合格体験記 S.Sさん | main | 合格体験記 W.Mさん >>

合格体験記 N.Kさん

ごうかく塾受講生合格体験記


合格体験記写真
N.Kさん
品川区保育士合格
聖徳大学


1.ごうかく塾受講動機

 私は、幼い頃からずっと憧れていた保育士の仕事を長く続けたいと思い、学生のころから公立保育士になるのが夢でした。公立保育士採用試験に臨んでいましたが、その時は合格までいかず昨年度一年間は私立の保育園で働いていました。しかし、実際に働いてみると仕事でなれない事も多く、試験の勉強が余りできませんでした。今年こそは絶対に合格し公立保育士になるという夢を実現したいという強い意志を持ち、その為に仕事を辞めて学業に専念し力を入れ、試験に挑もうと考えました。勉強をするにあたっては絶対に合格して公立保育士になりたかったので自分一人で勉強するのに不安があったので、筆記や論作文と面接対策をしていただける中村先生の力をお借りし頑張ろうと思い、クイックの「ごうかく塾」を受講しました。


2.講座の利用法

 早期に申し込みをしたので、講座が始まる前に送られてきた教材で勉強を始めました。講座を受けることで勉強の目安や効率のよい勉強方法を見出すことができました。講座では毎回課題が出されました。その日行った教養・専門科目の復習と課題、論作文を対の授業までにしっかりやると決めて取り組んでいました。分からなかったり、理解できない部分は専用の動画サイトを見て確認をしました。論作文は書き方のポイントを教えてくれ、自分で書いたものを丁寧に添削してくれるので参考になりました。模擬試験の課題や直前本試験予想講座では、どの問題から解くか、時間配分についてや自分の実力や弱点を把握できるのできちんと調整を行うことができました。二次試験対策では、中村先生と一対一で面接練習をさせていただき他の受講者の受け答えを参考にしたり、こんな質問の場合にはどう答えればいいのか等の相談に乗っていただいたたり、面接カードを添削していただきました。また、自治体ごとの試験日程や願書の受付期間や倍率等の様々な情報を提供して下さるのでとても参考になりました。


3.私の勉強法

 塾に通うまでは送られてきた教材で勉強をしていました。塾が始まってからは、最初にどのように勉強を進めていくのか一週間のスケジュールを計画し、復習と課題に明確な目標ができ毎日その計画を目標に沿って行いました。勉強する際には塾で使用したテキストやプリントを何度も繰り返し解きました。問題を解く度に、解いた日付と正解したら○・間違えたら×という印を問題の横に記入し分かるようにしました。専門科目は、授業で配られたプリントや過去問を解きました。人物名とその人が何をやったのか?はノートに自分なりにまとめました。また、塾へ行く電車の中でも時間を有効に使い、保育士一問一答とまとめたノートで専門科目や社会などの暗記科目を覚えていました。課題の一つで配布された模擬試験は、その週の復習と課題の確認テストとして次回の授業の前日に解くことで勉強が見についているのかや時間配分などの試験問題になれる練習になりました。塾が終わってからは復習を行い、試験二週間前からはテキストやプリントの全てを解くのではなく、授業中に教えてもらった問題を何度も繰り返し解いて勉強をしていました。


4.本試験レポート

 一次試験の筆記試験では、本命の自治体を受ける前に他の自治体で試験を受けることで自分の実力を知り、なれるよい機会になります。その時に、解けなかった問題の答えを調べ、出題された問題と似ているものをテキストやプリントにチェックをしました。品川区は問題数が少なく比較的易しい問題が多いと感じました。開始したらまず問題に一通り目を通しました。教養と専門科目の順で解き、何度も見直しました。時間配分に気をつけながら落ち着いて最後まであきらめずに取り組みました。テキストやプリントと似た問題が出題されるので基礎をしっかりと固めておくことが大切です。論作文では、その自治体に合わせた内容を書くことが大切なので、あらかじめ受験する自治体について事前に色々と調べる準備が必要です。また、私は論文対策として課題で出された各題目の自分の考えと中村先生の考えやポイントと自治体について準備で調べたことを自分なりにノートにまとめました。
 二次試験では、品川区のこと知るために実際に町並みや保育園を見に行き散策をしたり、区役所に行き区報や便利帳などをもらいHPと共に区について調べて知ることで愛着を感じ自信が持てました。実技試験の保育に関しては実習や昨年度一年間の経験を生かして乗り切り、ピアノの弾き歌いについては事前に課題曲があるので親に聞いてもらったりしながら毎日練習をしました。個人面接試験は、練習が大切です。何度も面接対策練習をしていただき、中村先生に相談に乗ってもらったり、その区の特徴や聞かれそうなことを教えてもらい、他の受講者の受け答えを参考にして質問の答えを考え、自分なりにノートにまとめたので自信がつきました。そのおかげで、本番は緊張しましたが、自分のペースを掴み、笑顔で自分らしくハキハキと答え、自分の熱意や働いていた経験をアピールし伝えることができました。


5.これから合格する人へのメッセージ

 公立保育士になりたいと思ったら、まずは勉強をすることから始めるといいと思います。勉強をしていくうちに必ず不安や挫折感におちいることがあると思います。そんなときは休むことが大切ですが、自分は今試されているんだと思い、夢や目標を達成した時の気持ちや絶対に公立保育士になるという強い信念を持っていれば気持ちを奮い起こし頑張る力がわいてくると思います。やる気を持ってコツコツと努力することが大切であり、努力した分必ず自分に帰ってきます。最後まであきらめずに絶対に合格するんだという気持ちを強く持ち、自分自身を信じて頑張ってください。
10
⇒ごうかく塾の詳細へ<PC・スマホ版>
⇒ごうかく塾の詳細へ<携帯版>
合格体験記 | permalink | - | - | - | -
検索