公立保育士になろう。

全国の公立保育士・公立幼稚園の採用試験情報。公務員の保育士職・幼稚園教諭職になりたい人のための情報が満載。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合格体験記 T.Nさん | main | 合格体験記 M.Aさん >>

合格体験記 A.Nさん

ごうかく塾受講生合格体験記


A.Nさん
川口市保育士合格
十文字学園女子大学卒

1.ごうかく塾受講動機

 幼い頃から、将来は保育士になりたいと思っていました。大学3年生の時、公立保育園で実習をしたのをきっかけに、公立の保育士になりたいと思いました。インターネットで予備校や塾を検索して、『ごうかく塾』を知りました。ガイダンスに参加して、とても魅力を感じたので、受講することに決めました。独学での勉強には不安があったので、申し込む際に迷いはありませんでした。


2.講座の利用法

 講座は週に一回だったので、毎週必ず出席しました。私は予習はほとんどせず、復習に力を入れました。数学や社会が苦手なので、授業を受けたら、次回までに公式を覚えたり重要な出来事を暗記したりしました。また、授業にそって、今週は社会福祉を覚えようなどと自分の中で決めて、1週間ずっと社会福祉だけを集中的に勉強したりしました。作文の課題については、自分の受験する自治体について調べたり、新聞を読んだりして、詳しく書けるようにしました。


3.私の勉強法

 参考書は配布されたテキスト、プリントを使いました。私は得意なのは国語だけで、それ以外は全て苦手と思っていました。なので、授業で習ったことは、全て覚えようと思いました。単語カードや復習ノートを作ったりして、夜、寝る前に見直したりしました。問題を解く中で、分からない所があったら印をつけておき、友達に教えてもらったり、先生に質問したりしました。1人だとなかなか、はかどらない時は、友達と一緒に勉強会もしました。


4.本試験レポート

 試験は日程が重ならない限り、たくさん受けました。筆記試験は、時間配分が大切だと感じました。数的推理や判断推理に時間をかけすぎてしまい、最後の方で時間が足りなくなったことがありました。また、分からなかった問題はできる限り覚えて帰り、家で調べたりしました。
 面接は練習を何度もすることが大切だと思います。私は面接に苦手意識を持っていました。なので、中村先生をはじめ、大学の先生やアルバイト先の上司、友達など、いろいろな人に面接練習をしてもらいました。練習の中で質問されたことをノートにまとめ、自分の中で答え方を作ったりしました。何度も練習していくうちに、自分のことを多くの人に知ってもらえるのが、楽しいと感じるようになりました。


5.これから合格する人へのメッセージ

 今回、合格することができて、今まであきらめずに頑張ってきて良かったと思いました。自分1人だと、今日は勉強しなくてもいいかなと怠けてしまったかもしれません。しかし、公立保育士を目指す仲間に出会えたことで、私も勉強しなきゃと日々思いました。受かりたいという気持ちを忘れずに、頑張って下さい!!
09
⇒ごうかく塾の詳細へ<PC・スマホ版>
⇒ごうかく塾の詳細へ<携帯版>
合格体験記 | permalink | - | - | - | -
検索