公立保育士になろう。

全国の公立保育士・公立幼稚園の採用試験情報。公務員の保育士職・幼稚園教諭職になりたい人のための情報が満載。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合格体験記 木口愛さん | main | 合格体験記 T.Nさん >>

合格体験記 N.Aさん

ごうかく塾受講生合格体験記


N.Aさん
船橋市保育士合格
聖徳大学卒

1.ごうかく塾受講動機

 私がクイックで講座を受けようと思った理由は、大学のサークルの先輩が講座を受けて公務員試験に合格し、アドバイスを頂いたからです。私は今まで、推薦で大学まで進んだので受験をした事が無く、勉強方法を学び効率よく勉強がしたいと思い受講を決めました。


2.講座の利用法

 クイックの講座では、毎回『次回までの課題』があるので、それを繰り返し復習しました。また、『ごうかく塾』が秋葉原にあり、電車で1時間程かかるのでその時間に、数的推理の暗記カードを使って予習をしました。
 中村先生の授業はとても分かり易いので予習と復習をしっかり行えば、確実に自分のものになっていきます。


3.私の勉強法

 私の勉強法は、1週間のスケジュールを細かく記入することから始めました。学校のある日は最低でも2時間は机に向かうようにし、休日は8時に起きて勉強を行いました。最初は辛かったのですが、1日の目標が達成するととても満足感を得られるようになりました。
 沢山の参考書を解くのではなく、クイックのテキストを何回も繰り返し復習しました。『公務員合格ゼミ』と『公務員講座得点源』を解き、配布された模擬試験の問題を行いました。


4.本試験レポート

 筆記試験は、比較的自身のある数的から始め、確実に得点を取れるように心掛けました。
 船橋市の二次試験は、実技と面接があります。実技は『環境整備・読み聞かせ・ピアノ・あそび』です。ピアノは初見で、試験の前に、中村先生に面接対策をして頂いた時、初見のピアノは、技術を見ているのではなく、取り組む態度や姿勢を見ているとアドバイスを頂きました。本番は緊張で手が震えてしまい、思うように弾くことができませんでしたが、試験官の方に「何か得意な曲はありませんか?」と質問され、暗譜で自分の好きな曲を弾き、今度は落ち着いて取り組むことができました。環境整備はお片付けをしました。0歳児の保育室だと想定して、安全面を考慮し慎重に行いました。
 面接は5対1の個人面接です。中村先生の面接対策講座をフル活用しました。また、『公立保育士面接試験対策暗記カード』を使って頭の中で答えが出せるようにし、緊張で早口にならないよう注意しました。


5.これから合格する人へのメッセージ

 公務員試験は年々受験者数が増えてきているといわれています。しかし、自分の公立で保育士として働きたいという思いがあれば、必ず道は開けます。とにかく、最後まで諦めないで挑戦して下さい。
 現場でお待ちしています。
09
⇒ごうかく塾の詳細へ<PC・スマホ版>
⇒ごうかく塾の詳細へ<携帯版>
合格体験記 | permalink | - | - | - | -
検索