公立保育士になろう。

全国の公立保育士・公立幼稚園の採用試験情報。公務員の保育士職・幼稚園教諭職になりたい人のための情報が満載。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合格体験記 S.Hさん | main | 合格体験記 S.Nさん >>

合格体験記 W.Aさん

ごうかく塾受講生合格体験記


W.Aさん
柏市保育士合格
東洋大学卒

1.ごうかく塾受講動機

 大学のガイダンスで「ごうかく塾」というものを知りました。一番惹かれたのは,公立保育士のための塾ということでした。すぐに興味を持ち,無料ガイダンスに参加。そのガイダンスで中村先生が勉強のやり方ではなく,問題の解き方のコツやポイントを話してくれました。それは,今までの私の勉強の仕方とは全く違うもので衝撃を受けました。公立保育士のための塾なので,専門試験にもきちんと対応してくれ,作文や面接などの対策も魅力的でした。何より絶対に公立保育士になりたかったので,受講することに決めました。


2.講座の利用法

 講座では,毎回課題が出されました。その日行った問題集,専門分野の課題,作文,過去問などの復習をやるだけで精一杯になってしまい,予習まで行う余裕がありませんでしたが,復習はしっかりやると決めて取り組みました。分らなかった問題や,理解できない時は,専用サイトで授業の動画を見ることができるので確認することができました。
 また,作文は自分の書いたものを添削してくれるので,とても参考になりました。最初は書き方や言葉の使い方などが難しかったのですが,次第に書き方のポイントを理解することができました。また,自治体ごとに願書の締め切りや,倍率などの情報も提供してくれ,とても参考になりました。情報量の充実さは,他の塾にはない部分だと思います。


3.私の勉強法

 最初にどのように勉強を進めていくかの計画をたてました。専門試験は学校で習ってきたことを復習すれば大丈夫だと思い,主に教養試験の対策に重点を置くことにしました。私の場合,苦手な分野が数的推理だったので,とにかくたくさんの問題を解き,パターンを覚えるようにしました。その他に,参考書を自分で買い,電車などの移動中ちょっとした時間でも読むようにしました。全部の範囲を完璧に覚えるのではなく,広く浅くを頭に入れて勉強した。塾の参考書は出題傾向が書いてあり,傾向の高いものから要点をまとめ覚えるようにした。


4.本試験レポート

 教養は時間配分に注意し取り組みました。二次試験は個人面接と実技試験でした。個人面接では試験官が三人いて,とても和やかな雰囲気で行われました。事前にヒアリングシートというものに志望動機を記入していたので,そのためか面接では志望動機は一切聞かれませんでした。しかし,自分がどうしてもこの市で働きたいということを伝えるよう心掛けました。実技では事前に課題曲と自由曲を決めており,歌いながらピアノを弾くというものでした。


5.これから合格する人へのメッセージ

 公務員試験の範囲はとても広く,自治体によって試験の行い方や出題傾向なども様々です。そのため早い段階から自分がどこの自治体を第一志望にするかを決め,それに合った試験対策を行っていくことが必要だと思います。時間を有効に使い頑張って下さい。
09
⇒ごうかく塾の詳細へ<PC・スマホ版>
⇒ごうかく塾の詳細へ<携帯版>
合格体験記 | permalink | - | - | - | -
検索