公立保育士になろう。

全国の公立保育士・公立幼稚園の採用試験情報。公務員の保育士職・幼稚園教諭職になりたい人のための情報が満載。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合格体験記 K.Eさん | main | 合格体験記 W.Aさん >>

合格体験記 S.Hさん

ごうかく塾受講生合格体験記


S.Hさん
渋谷区保育士合格
柏市保育士合格
聖徳大学卒

1.ごうかく塾受講動機

 私は大学に入学したときから、公立保育士になりたいと思っていました。そこで大学三年生の後期から、自分でテキストを買い勉強をしていました。しかし、独学ではどこが大切なのか分からず、勉強法に不安を抱いていました。そのとき大学の同じクラスの友達が『ごうかく塾』に通うと聞いて、私もその友達と一緒に頑張ろうと思い、受講を決めました。


2.講座の利用法

 私は隔週土曜日の講座を利用しました。毎回宿題として出される小論文や模試、テキストの復習は量が多かったけれど、頑張ってこなしました。小論文はできるだけ書くようにし、模試は土曜日の午前中にやりました。またテキストの復習は、授業と授業の間が二週間あったので、毎日コツコツやりました。そして授業で分からないことがあったときは、授業後に中村先生に直接質問するか、家へ帰って『ごうかく塾』専用サイト内で質問をしました。私は、できるだけ分からないことを作らないようにしました。


3.私の勉強法

 『ごうかく塾』に通ってからは、塾で使用したテキスト以外は使いませんでした。社会系などの暗記科目は、電車の中で覚えました。また、私は日本史が苦手なので、日本史はノートにまとめて覚えました。数的処理などは、何度も繰り返して、ひたすら沢山問題を解きました。そこで一回解く度に問題の横に正の字を書いて、何回解いたかということをわかるようにしました。専門科目は、授業で配られたプリントと過去問を解きました。私はただ見ているだけでは覚えることができなかったので、自分なりにまとめて覚えました。


4.本試験レポート

 一次試験の筆記は、問題が配られたらまず一通り全体の問題を見ました。そして中村先生に教えていただいた、四問ずつに区切り、その中で二問以上は正解にするという気持ちでやりました。試験内容は23区が一番易しい問題でした。中村先生に「23区が受からなかったら、他の市も受からないと思いなさい。」と言われたことで、ラストスパートをかけれたのだと思います。
 二次試験の面接は、笑顔でハキハキと答えることが大切だと思います。また保育所実習での経験は聞かれやすいので、実習録を見直しておくことをおすすめします。また受験する市や区のことを沢山知るために、保育園や子育て支援センター、公園などを何度も見に行きました。そして「ここが大好き」と思える所を見つけて、そのことを面接でアピールすると「この子は本当にこの市で働きたいんだな」という意欲が伝わると思います。


5.これから合格する人へのメッセージ

 私も何から手をつけたら良いのかわからずに、不安でいっぱいでした。そのような方は、中村先生の『ごうかく塾』に行き始めると、段々と勉強の仕方がわかってきて、不安は消えると思います。私が感じたことは、受けれる試験は自分から積極的に受けて試験慣れをすることが大切だと思いました。もし納得のいく結果が出なくても、諦めずに最後まで頑張ってください。私は最後まで諦めずに夢を追いかけていたら、第一志望の市の合格をいただきました。自分を信じて頑張って下さい。
09
⇒ごうかく塾の詳細へ<PC・スマホ版>
⇒ごうかく塾の詳細へ<携帯版>
合格体験記 | permalink | - | - | - | -
検索