公立保育士になろう。

全国の公立保育士・公立幼稚園の採用試験情報。公務員の保育士職・幼稚園教諭職になりたい人のための情報が満載。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 保育士の試験科目 | main | 数的処理・政治経済の勉強方法 >>

教養科目の勉強方法

こんにちは。
クイックの河野です。

前回は、科目ごとの内容を見てみました。
今回は、教養科目の勉強方法を見ていきましょう。
まず、教養科目は下記の通りです。

●一般知識=知らないと正解できない 
社会科学:政治経済 
人文科学:国語・文学・地理・思想・日本史・世界史 
自然科学:数学・物理・生物・地学・化学
●一般知能=その場で考えて解く 
文章理解 数的処理:判断推理・数的推理・資料解釈

勉強の方法で、まず、押さえておかなければならないのは、科目の重要度です。
一般的に、公務員試験における教養科目では、数的処理、政治経済、文章理解といった順に配点が高くなっています。したがって、重要度もこの順であるということになります。
特に、数的処理政治経済の2科目は最重要です。さらにいえば、この2科目を克服すれば、公立保育士試験の教養科目はかなりの程度克服できるといってよいでしょう。
まず、この2科目に力を注ぐことが重要です。特に、数的処理が苦手という人が多いと思われますが、避けて通ることはできません。
そこで、次回では、数的処理政治経済の勉強方法について詳しく説明していきます。
公立保育士試験の勉強法 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
検索